記事の詳細

バイトを掛け持ちした経験のある人はわかると思いますが、お金の増え方が尋常では無いです。笑

少しの苦しさと引き換えに、多くのお金を手に入れることが出来ます。
お金が必要な学生や主婦にとっては一度くらいはWワークに興味をもったことがあるでしょう。

アルバイトの掛け持ち、Wワークについてアドバイスしていきましょう。

Wワークの基本

Wワークしたい時は、どちらかと言えば金銭的な希望が大きいでしょう。
生活費であったり誰かへのプレゼント、旅行代かも知れません。

まずは今のバイトでシフトを増やすことも考えてみるべきですが、
2倍・3倍と給料を増やすのは不可能に近く、別のバイトを掛け持つ必要も出てきます。

稀に掛け持ちNGのアルバイトもありますが、
ほとんどのバイトは今の仕事に支障がなければOKを出します。

ではどのような組み合わせでWワークをするのが良いのか、テクニックをまとめていきましょう。

お勧めの組み合わせ

基本的には次の2つのどちらかが良いです。

  • 長期バイト+短期バイト
  • 短期バイト+短期バイト

1つ目は長期バイトで安定して稼ぎながら、合間に短期バイトを入れていく方法。
長期バイトに慣れてきた頃にシフトがないところへ短期バイトを入れます。

大学生では講義の時間割が決まった後、合間に短期バイトを入れる人も多いですね。

確実に稼げる基盤を持ちつつ、柔軟にバイトを増やせるお勧めのスタイルです。
出来ればこちらのスタイルで稼いでいきたいですね。
 

もう1つのオススメが短期バイトを複数掛け持つスタイルです。

講義の時間が変動的だったり確実に時間を確保できない人にオススメです。

毎回バイトを探さなければいけない手間はありますが、
数多くのバイトを経験できるのは将来へのプラスです。

短期バイトは長期バイトに比べて時給も高いことから、一気に多く稼ごうと思えば良いスタイルですね。
一定期間にガッと稼いで、しばらくは空ける、なんていうのも1つの選択肢です。

長続きはしないけれど稼ぎたい、なんて人に合った方法です。
 

あと残った組み合わせが1つ。
長期的に給料を上げたい場合を除いて、長期バイトを掛け持つことはやめておきましょう

長期バイトは長く続ける事ができる代わりに、短期バイトに比べて時給の安いものが多いです。
元々掛け持つことには適していません。

2つシフトの決まったものがあると生活がかなり窮屈にもなるので、
長期を組み合わせるとすれば1週間のシフトが少なくて済むものがいいですね。

特に初めてのWワーク・掛け持ちの場合には片方を短期バイトにしておくことをお勧めします。
いざWワークを初めてみると辛かった、なんてことも考えられます。

辞めやすい・終わりが元々早いのは短期バイトです。

WワークOKの求人も有り

中にはWワークでも喜んで募集している求人があります。

こういった求人は元々の勤務時間が限られているものが多く、
正直にWワークということを話して勤務できますからオススメです。

掛け持ちバイトで沢山稼ぐ|アルバイト情報多数掲載
土日のみOKの仕事や、高収入の仕事で探せます。
まずは自分の地域で見てみましょう。

時給も高い短期バイト!


短期や単発のバイト情報が満載

やはり探しやすい短期バイト!
時給も高いものが多いですよ(^^)


関連記事

バイト適職診断!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

アルバイトならタウンワーク!