記事の詳細

アルバイトを辞めるタイミングは必ず全員に訪れます。
あなたも今やめたいと思っているうちの1人かもしれません。

いつまでに、誰に、何を、どう伝えればいいか分かりやすく教えますね(^^)

いつまでに伝えれば良いの?(時期)

辞めよう、そう決めてからいつ話すか悩むことは多いでしょう。
突発的に思うこともあれば、半年・1年先には辞めたいなと思う人も多いですよね(^^ゞ

一般的にはどうなっているのでしょう?

法律では2週間前が目安

終わりの期間が決まっていない仕事は、辞めたいという意志を伝えてから2週間後であれば辞めることが出来ます。
いつまでも引き伸ばして働かせようとされても、法律がしっかりあるので大丈夫ですよ♪

しかし会社や店舗によっては契約時点で別の規則が書いてあるケースもあります(^_^;)
例)申し出から1ヶ月後 など
規則が絶対ではないことも多いですが、念のために働き始める時に貰った書類は見てみましょう☆

一般的には1ヶ月前後

多くのアルバイトでは1ヶ月単位のシフトが決められていることが多いため、一般的に1ヶ月前に言う人が多いようです(*^_^*)
1ヶ月あれば採用する側も次の人を探す余裕があるので、辞める時にゴタゴタしなくて良いことも多いですよ☆

どう伝えればいいの?

さて伝える時期は決まりました。
そこで次は伝え方ですが、どうやって伝えることにしましょう?

直接・メール・電話・先輩から・LINE・SNS・・・いろいろな方法がありますよね(^^ゞ

そして誰に伝えましょう?
同僚・先輩・後輩・リーダー・店長・・・伝える人も色々ですね(^_^;)

正しい伝え方

1番良いのは、自ら直接話すことです。
電話やメール、LINEなどの間接的な方法ではなく、必ず直接伝えましょう。

大事な連絡なので直接面と向かって伝えるほうが、人として良いことです(*^_^*)

モラル面以外にも問題があり、メールやLINEだと未読で上手く伝わらない可能性があります。
いざ辞めようとした時に『そんな話聞いてない』なんてなると気まずいですよね(^_^;)

必ず自分から偉い人に!

話す相手は必ず採用・雇用の権限を持っている人にしましょう!
店長であったり、その地域のリーダーであったりする人ですね(^^)

また辞めるとなったときには、周囲にも相談している事が多いでしょう。
しかし周囲から偉い人に伝わってしまうと、あまり印象がよくありません(^_^;)

納得できる理由を伝えよう!

いつ、誰に話すか決まりました(^^)
後はどんな風に伝えましょう??

1番悩むのが、辞める理由ですよね(^_^;)

基本は正直に!

高校・大学生や専門学校生であれば『学業専念』や『就活に集中』したい、といった理由が1番多いでしょう(^^)
この理由では引き止める側も正直引き止めづらいので、最も適した理由かもしれません♪

他にも仕事が忙しかったり、人間関係に困る時もありますよね・・・(^_^;)
そういう悩ましい内容こそ正直に伝えるようにしましょう。

周囲の環境を改善してくれる可能性もありますので、良い意味で引き止められることもあるかもしれません☆

最後はあなたの意志!

もちろんどのような内容を伝えたとしても、引き止められる可能性はあります。
それだけあなたが必要な人材と言えるかもしれませんので、自信を持ってください(^^)

引き止められても絶対にやめたいときには、どう説得されても辞めたい意志を貫くことです。
あなたの意志を伝える時点でやめる権利は生まれるので、心配をする必要はないですよ♪

辞めるときの使え方まとめ!

話すのは1ヶ月くらい前、分かり次第早く!
話す相手は採用に関わっている偉い人に、それも直接話そう!
理由は正直に、学業や就活が理由だと特に問題なし!

時給も高い短期バイト!


短期や単発のバイト情報が満載

やはり探しやすい短期バイト!
時給も高いものが多いですよ(^^)


関連記事

バイト適職診断!

適職診断-運命の質問30~ あなたにピッタリのバイトがわかる!~|やりたいバイトを探す、見つける

アルバイトならタウンワーク!